偉人

俺の憧れの男、白洲次郎の話

「独立の晴れの日の原稿を、相手側の言葉で書く馬鹿がどこにいるか!」 1951年、サンフランシスコ平和会議の直前、白洲次郎はそう言って英語から日本語に、 独立文書を書き直させたと言います。 結果吉田茂は、日本語でスピーチを行うこととなります。 白洲…