保育園に行ってきた話 後編

園長先生とのお話の後、まずは年少さんのクラスにお邪魔しました。シャワーのお手伝い。
俺も3歳の頃は同じようにシャワーを浴びていたらしいんやけど覚えてない・・笑
その後人生初絵本の読み聞かせ。うまくできたかはわかりません。笑
「ゴリラのパン屋さん」でした。この本一生忘れんかも。
 
M
その後少し時間をもらい、ちびっこたちに話をしました。
「僕には宇宙飛行士という小さい頃からの夢があります。
 みんなにはどんな夢があるのかなー?」
「〇〇レンジャー!」
そんな感じでいかにもちびっこらしい夢が聞こえてきました。
 
この歳の頃は余計な知識や自分へのリミッターもなく、純粋に大きな、ありえないような夢を
持っているものです。
 
「今日はみんなに伝えたいことが3つあります」
 
「たくさん遊ぶこと、周りのお友達を大切にすること」
「そして夢を持つこと」
 
「この3つをみんなには大切にして欲しいです」
 
「たいき先生が宇宙飛行士になったら、みんなと宇宙からお話ししたいと思います」
「月や火星に家を建てます」
「みんなが宇宙旅行できる時代を作ります!」
 
園児にさえ無理やろー笑
と笑われてしまいましたが・・笑 全部本気です。
 
話が終わった後、子供達が駆け寄ってきて
「僕の夢はねー」「私の夢はねー」
と声をかけてくれました。
 
そして最後に、先生の伴奏で「宇宙船の歌」を歌ってくれました。
本当に感無量でした。でんでん組のみんなありがとね!!!!
 
 
 
続いて年中さんのクラスへ移動。給食マジで13年ぶりに食べました笑
読み聞かせ。今度は紙芝居でした。
純粋に反応してくれるちびっこはやっぱり可愛い。
そしてここでは質問コーナー。
 
「好きな恐竜はなんですかー?」という恐竜好きな俺にはありがたい質問もあり
「彼女はいますかー?」というきわどい質問がなぜか保育園の先生から出たり。笑
楽しい時間でした。
みんなはーいはーいって手を上げてくれるのは嬉しかったです。
 
そしてここでも夢語りました。
みんなから
「頑張ってください!」って言われて感動しました。
 
最後に年長さんクラスへ。
「パン屋!」「モデルになりたい!」「スポーツ選手!」
と夢を語ってくれました。
 
「宇宙飛行士の人!」って言われました。噂立ってたようで・・・笑
翌日のお祭りで発表会があるらしく、その下見に近くの小学校へみんなと行きました。
久々に歩く散歩コースはミニチュアみたいに見えました笑
M
戻ってきてから園長先生と俺が一番お世話になった担任の先生にご挨拶。
こんなチャンスをくれて感謝しかありません。
M
 
 
L
 
 次は小中学校行きたいけど、どうなんでしょう・・いろいろ模索してみます。
ちびっこに夢を与えたいというのはずっと言ってきた俺の夢の一つです。
今回の経験を通して、俺の人生としてやりたいことはこういうことなんだと再確認できました。