ヒッチハイク高千穂編③ 高千穂には神がいる

高千穂町に無事到達した我々は、滞在する「ゲストハウス静穂」にチェックイン。
M
 
M
 
M
 
 
 すごくいい部屋でしたし、来た学生が書いて帰るというボードに名を刻めたのも良かったなぁ。また来たときに見返したい。
お盆の間行われるという「高千穂峡ライトアップ」に向けて移動開始。
・・・・したんですけどね。
 
 
 
だいぶホラーな目に遭ってしまいました。まず、謎のタクシーセンター高千穂峡の地図発見。
これに従って進むことにしました。・・・が、その通りに進むわけがない。「こっち近道じゃね?笑」「そこ右行こう」と、テキトー判断が連発。気づけば街灯なし、民家も灯りともってないというめっちゃホラーな場所に来ていました。
それを象徴する写真がこちら。
S
M
怖いでしょ。笑 俺らもめっちゃ怖かったよ。。。。
真っ暗ゾーンを抜けると、迷いまくったけどついについに高千穂峡の文字が見えました・・・!
やったあああああ!!!!!!!
M
この写メから俺らの恐怖を感じていただければと思います笑
そしてついに夜の高千穂峡に到達!!!!
 
 
M
 
この幻想的な景色は写真で伝わるもんじゃありません!!!!!!
ぜひ自分の目でご覧ください。「やべえなこれ・・・」「おお・・・・」ってぐらいしか言えませんでしたすごすぎて。
 
帰り道は終始無言でした。あまりにも幻想的で素晴らしすぎたんで・・・・
 
ただ一つ言えることがあります。
 
 
・・・・女とくればよかった