「無謀」「危険」と言われ続けてもなぜヒッチハイクにこだわるのか

f:id:clearbasketry:20161102211325j:plain

 

 

 

「無謀すぎる」「何かあったらどうするんだ」
こんなセリフを何回も何回も聞かされてきました。
もちろんそんなことは百も承知。実際危ない目にもあったことありますから。
じゃあなんでそこまでしてこだわるのか?今日はちょっと熱く語ります。笑
 
ちびっこに夢を与えられる男になりたい。
一生夢を持ち続けてワクワクする人生にしたい。
 
 
俺にはこの2つの信念っていうか柱があります。
いきなりこんなこと言われてもわからんと思うので、掘り下げてみましょう。
 
 
 

「無謀なことをやり遂げる」という美学

f:id:clearbasketry:20161102211453j:plain

 
 
「肝が据わっている」「度胸がある」男なら誰もが憧れる要素ですよね。
これはセンスなんかじゃない。努力、経験で身につけるものです。
じゃあ、具体的にどうやって身につけるんでしょう?
 
それは、「圧倒的に不利な状況を自分の力だけで切り抜けた」、
そして「他人に無理だと言われたことを成し遂げた」という経験を積むことだと思っています。
 
はっきり言って、俺はクソチキン野郎です。
小中高時代、先生から怒られないように、そんなことばっかり考えて生きてきました。
そんなことしか考えてない人間が、ちびっこに夢を与えようなんておこがましい。
そのことに気づいたのはヒッチハイクを始めてからでした。
 
こんな偉そうなこと言ってますが、まだ俺に誇れるほどの度胸はありません。
だからこそ今後もヒッチハイクを続けるんです。
 
 
 

「出る杭は打たれる」日本だからこそ

 
 

f:id:clearbasketry:20161102145427j:plain

出る杭は打たれる。デカいこと言うやつは笑われる。
誰もが薄々実感しているし、そんな場面に遭遇したことは誰でもあるでしょう。
周りに合わせるというのは長年日本に根付いてきた文化ですから、簡単には変わりません。
だから、いわゆる「意識高い系」が日本で叩かれるのはしょうがないことです。
でも、そういう叩きたい人は1人で批判なんてしてきません。必ず複数人で攻撃してきます。
単純に、俺はそんな弱っちい人間にはなりたくない。
 
 
俺も今まで色々言われてきました。夢を公言してきた代償です。
でも誰になんと言われようと俺は自分が納得できる人生にしたい。
男に生まれた以上は、上を目指してギラギラしていたいです。
 
 
 

何より、めちゃくちゃワクワクするから

 
 

f:id:clearbasketry:20161102211349j:plain

色々理由を書き並べても結局はここに行き着きます。
面白いからやるんです。無事に帰れるかもわからないスリルと何とも言い難い達成感。
そしてたくさんのかけがえのない出会い。これらを全て味わえるんだから、やらない手はないでしょ?笑
 
 
 
 
熱く語りましたが、これ読んで何か無謀なことじゃなくても、チャレンジしてみようかなという人が増えたら嬉しいです。挑み続ける人生にしよう!