ヒッチハイク出雲編① 1/6の夢旅人

f:id:clearbasketry:20161218140540j:plain

 
11月4日、俺は出雲大社へ向けてヒッチハイクをスタートさせた。
 
出雲大社とは、島根県にある日本最強の縁結び神社として名高い超有名スポットである。
つまり、俺は男子ばかりのうちの学科の夢を背負っていた。クリスマスまで1か月ちょいのこの時期、何としても俺は出雲大社にたどり着かねばならなかったのである。
 
そしてこの旅は、今までで最も「縁」の不思議さを感じた旅でもあった。
ここに、その旅の記録を記そうと思う。
 

 

 
 
こんなツイートから始まった俺の旅。
今回は親バレ防止のため、国道3号線上からのスタート。
 
 

1台目 同じ名字の釣り人爺さん

 
 
「古賀IC方面」が最初の1枚。無事に乗せてもらう。
乗せてくれたのは、なんと俺と同じ名字のおじいさん。小呂島で釣りをしてきた帰りらしい。
 
「同じ名字か!!こんなこともあるもんやなぁ〜」と爺さんゴキゲン。
今度一緒に釣りに行く約束しました。イェイ。
 
気前よくSAまで連れて行ってくれました。これも「徳永」のなせる技。
春に電話かけるつもりだけど、おじさん覚えててくれよ・・笑
 
 

2台目 ハイテンション姉さん2人組

f:id:clearbasketry:20161218141015j:plain

 
古賀SAでヒッチハイクしてると、いきなり車が止まってくれた。
中のお姉さんが、いかにも「オイ!乗ってけ兄ちゃん!!!」というジェスチャーをしてきた。
なんだこの面白い2人組は!!!!!笑
こんなハイテンションドライバー、はじめてだった。笑
 
 
「ヘイ!!お兄さんどこ行くの!?」
「王司SAです!」
「あらぁ〜・・・下関よりも奥だね〜」
「そーっすね・・」
「まぁいいや!!乗りな!!!」
 
 
 
ぶっちゃけどこで降ろされようと良かった。この2人についていこう、と決めてた。
 
案の定めちゃくちゃ面白い車内。開始1分で「たいちゃん」と呼ばれるわ、窓開けて洋楽熱唱するわ、前のトラックの運ちゃんを起こそうとするわ、本当に最高だった。笑
忘れられんのは、関門橋の上で熱唱したことかな。笑
 
「たいちゃんから夢もらった!」
「素敵な夢旅人に会えてよかった!」
 
こんなことをいってくれて、本当に本当にヒッチハイカーでよかったと思いました。
 
ただヒッチハイクするんじゃなくて、出会った人に何かを与えられるようになりつつある。そのことに絶対価値はあると確信できた。
 
大学時代北海道にいたということで、俺と同じ水曜どうでしょうファン。
最後は1/6の夢旅人を流しながら、王司SAへ。
 
お別れ辛かったけど、またどこかできっと会えるはず。
ラジオで俺のこと話してくれるらしい。楽しみにしてるよ!!!!